ルプルプ成分を徹底解析!無添加でも効果を実感できます。

【ルプルプ白髪染めの成分】染料の成分は、植物由来と化学成分でできています。

 

 

ルプルプ白髪染め成分を徹底解析!効果を実感できます。

 

ベニバナ赤は、キク科の植物であるベニバナの花から抽出されるルプルプの天然色素

ルプルプ白髪染めトリートメントは、天然色素のベニバナ赤を染料成分として使用しています。

 

ベニバナ色素は紀元前25世紀のエジプトで既に使われていたことが確認されている、安全性の高い染料です。

 

ベニバナ赤の原料となるベニバナ(紅花)は古来から人間の暮らしにはかかせないキク科の植物で、その赤色成分であるカルタミンは、ベニバナに含まれる色素の中でもわずか1%しか含まれない貴重な成分で、抽出が難しいもののその発色の良さから、古来より非常に珍重されてきました。

 

6世紀に日本に伝わったベニバナは、江戸時代には重さあたりの値段が金と同じほど高価なものだったとも言われています。

 

山形県に古くより伝わる特産品の紅花染めは、数回の洗濯の後は色落ちしにくく、色持ちが良いことでよく知られています。

 

クチナシ果実エキスから抽出できるルプルプのクチナシ染料でしっかり染まる

ルプルプ白髪染めトリートメントには自然由来のクチナシ染料が使われています。

 

クチナシ果実エキスの成分には消炎作用や鎮静作用などがあると言われ、基礎化粧品、ヘアケア製品に広く使われています。

 

クチナシ果実エキスの保湿作用は頭皮の保護やダメージを受けてパサパサになった髪の毛の保護にも有効な成分です。

 

クチナシ果実エキスに含まれる成分のクロシンには抗酸化作用があることから、エイジングケア効果も期待できます。

 

クチナシは植物由来の成分で安全性が極めて高いことから、食品用天然着色料としてもたくあん漬けや栗きんとんなどに広く使われています。

 

原料となるクチナシ果実を乾燥させたものは漢方薬として内用・外用を問わず広く使われています。

 

アイ葉/茎エキスはルプルプ配合の紀元前から世界各地で使われてきた染料

ルプルプ白髪染めトリートメントに藍色の染料として配合されているアイ葉/茎エキスは、古来から伝統の日本藍(ジャパニーズインディゴ)染めにも使われてきた染料です。

 

アイ葉には抗酸化作用があり、白髪の原因とも言われている活性酸素のダメージを優しくいたわります。

 

日本人とアイ(蓼藍)との付き合いは非常に長く、一説によれば古墳時代の書物からもアイに関連すると思われる記述が指摘されているのだとか。

 

また、藍の葉は古くから薬草としても使われてきた植物で、1000年以上昔の「本草和名」という薬物辞典(本草書)にも掲載されるほど、日本人の健康とも深い関わりがあります。

 

薬草としてだけでなく、刺身のツマにしたり、うどんの薬味にしたり、アイ葉を天ぷらにして食べたり、とアイ葉は日本人にとって医食同源の代表とも言える植物です。

 

塩基性染料はルプルプ配合の髪の表面に付着して白髪を染める

ルプルプ白髪染めトリートメントに使用されている塩基性青99は、髪に浸透しないで表面に付着する性質の染料です。

 

塩基性染料は2001年の化粧品規制緩和によってヘアカラートリートメントに配合できるようになった成分で、分子量が大きいため髪の内部に浸透せず、髪の表面に付着して白髪を染めます。

 

塩基性染料はプラスの電荷を持つ成分で、髪の表面のマイナスイオンとしっかり結合することで髪の色を染める仕組みになっていて、比較的色持ちが良いのが特長です。

 

ジアミン系などのアルカリ剤配合のカラートリートメントに比べると、髪に与えるダメージが全くと言っていいほどないため、気軽に続けて使用しても安心なカラー剤です。

 

酸性カラーとは異なり、頭皮に付着してもすぐに洗い流せば頭皮が染色されることはないのもメリットです。

 

ルプルプ配合のHC染料はキューティクルの隙間から毛髪の内部に入り込み浸透する性質

ルプルプ白髪染めトリートメントに配合されているHC青2、HC黄2、HC黄4のHC染料は、分子量が小さいため、毛髪の内部に入り込んで染色する効果があります。

 

髪の内部に浸透するため、染色能力が高いのが特長です。

 

HC染料も塩基性染料と同じく2001年の化粧品規制緩和によってヘアカラートリートメントに配合できるようになった成分で、きれいな発色を特長としつつも、中性で刺激がないため、安全性にも優れた染料です。

 

酸性のヘアマニキュアのように頭皮を染めることもなく、刺激は強くないので、かぶれやアレルギーなしで白髪染めができます。

 

塩基性染料と一緒にヘアカラートリートメントに配合され、お互いの優れたところを補い合ってより高い染色効果を発揮するために使われます。

 

4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールはルプルプ配合の一般的な染毛料の一つです

ルプルプ白髪染めトリートメントに配合されている4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールはごく一般的に用いられている染料の一つです。

 

芳香族アミンと呼ばれる組成の赤系のブラウン染料で、分子が小さいため髪を染めやすく、ヘアカラートリートメントの鮮やかな色味を出すために使われています。

 

4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールの分子構造が酸化染料とよく似ていることを心配する人もいますが、分子構造が似ていてもこの2つは異なる性質を持つので、ジアミン系染料のようなアレルギー反応の心配はありません。

 

実際に、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールの毒性や刺激性は弱いので、アレルギー体質の人でも安心して使うことのできる染料です。

 

ルプルプ白髪染め成分を徹底解析!効果を実感できます。

 

 

【ルプルプ白髪染め成分】トリートメント成分は表面をコーティングして髪のキューティクルを保護

 

ルプルプ白髪染め成分を徹底解析!効果を実感できます。

 

【ルプルプ白髪染めの成分】キトサンは傷んだ髪の毛に潤いと弾力を与える

ルプルプ白髪染めトリートメントには潤いと弾力を与える保湿成分としてキトサンが配合されています。

 

安全性と保湿性を兼ね備えたキトサンは、保水性と親水性に優れており、髪の毛に潤いと弾力を与える成分としてヘアケア製品に使われています。

 

キトサンは髪に対してキューティクルの代わりとなる働きをし、枝毛や切れ毛を防ぎ、帯電を防ぐので、静電気の発生も抑えられます。

 

キトサンは皮膚再生などの再生医療素材としても研究が進んでいる非常に安全性の高い成分で、毒性も極めて低いことから食品添加物として健康食品やトクホ食品にも利用されています。

 

キトサンは高価な原材料のため、ヘアケア製品の中でも一部の製品にしか使用されていない貴重な成分です。

 

【ルプルプ白髪染めの成分】アロマオイルは、頭皮環境を整える

ルプルプ白髪染めトリートメントには、ラベンダー油、ローズマリー油、オレンジ油の3種のアロマオイルが配合されています。

 

アロマオイルのおかげでルプルプは使用時に白髪染め独特の嫌な香りがしないことから、白髪染めの匂いが苦手な人に愛用されています。

 

ラベンダー油、ローズマリー油、オレンジ油は単に香り付けとして使われているだけでなく、頭皮環境を整える効果もある成分です。

 

ラベンダー油は肌トラブルに効果があると言われており、抜け毛の原因物質の活性を阻害することから育毛効果も期待できます。

 

ローズマリー油は特に頭皮に有効な成分で、頭皮の血行を良くし、抜け毛防止や育毛、白髪防止などの効果が期待される成分です。

 

オレンジ油は食品や飲料に添加されたり、薬品にも使われる非常に安全性の高い成分です。

 

【ルプルプ白髪染めの成分】ヒドロキシエチルセルロースは、ダメージヘアをコーティングすると枝毛や切れ毛を防ぐことができる

ルプルプ白髪染めトリートメントに配合されているヒドロキシエチルセルロースは、熱に強い性質と被膜形成効果を持ち、枝毛や切れ毛などのダメージヘアを保護コロイドによってコーティングし、ドライヤーの熱から髪を守ります。

 

ヒドロキシエチルセルロース(HEC)は天然食物繊維(セルロース)由来の非常に安定した水溶性高分子で、化粧品やヘアケア製品で広く使われている成分です。

 

毒性についても人体への影響はないと言われていて、点眼剤(目薬)や小児用シロップ剤などの医薬品にも添加物として使用されています。

 

皮膚への刺激性やアレルギーもなく、安全性が高いことが確認されているので、安心して使うことのできる成分です。

 

【ルプルプ白髪染めの成分】結晶セルロースは、乳化安定剤や粘度調整剤として活用

ルプルプ白髪染めトリートメンに配合されている結晶セルロースは、ヘアケア製品に乳化安定剤や粘度調整剤として広く使われている安定性の高い成分です。

 

水に溶けない性質があり、薬品を混ぜても成分が変化しない安定性が特長で、肌や髪に安全な成分です。

 

結晶セルロースは自然界に豊富に存在する繊維性植物のα-セルロースを精製したもので、毒性がないことから、医薬品添加物や食品添加物としても広く用いられています。

 

結晶セルロースは、皮膚への刺激性はなくアレルギーもない、安全性の高い成分なので、皮膚に付着しても安心です。

 

【ルプルプ白髪染めの成分】水添ロジン酸ペンタエリスリチルは、染料を入れ込んだ後の髪をコーティングして色落ちを防ぎ、表面にツヤを出す

ルプルプ白髪染めトリートメントに使用されている水添ロジン酸ペンタエリスリチルは、頭皮や髪のコーティング剤として使われています。

 

マツ科の植物から抽出した樹脂を精製した成分で、リップクリーム、リップグロス、マスカラなどの化粧品や、ヘアワックスなどによく使われています。

 

ルプルプでは髪を染めた後のコーティングに使用し、染料を入れ込んだ髪のキューティクルを保護し、色落ちを防ぎ、表面にツヤを出す働きをしています。

 

水添ロジン酸ペンタエリスリチルは植物から抽出される成分を元に作られているので、毒性や皮膚の刺激性などはなく、かぶれやアレルギーの心配のない成分です。

 

【ルプルプ白髪染めの成分】パルミチン酸エチルヘキシルは、水分を保持させながら、潤いと柔軟性を与えてくれます

ルプルプ白髪染めトリートメントに配合されているパルミチン酸エチルヘキシルは、パーム油など天然植物油脂を原料とした高級脂肪酸を原料とした、安定性や安全性に優れたエモリエント剤として広く使われている成分です。

 

エモリモント作用により油性感がなくさっぱりとした素材で、肌なじみがよく、皮膚軟化作用により肌をなめらかにする働きがあり、髪と頭皮の保湿を助けて潤いと柔軟性を保ち、髪のごわつきを抑えると共に、豊かな艶を出すために使われています。

 

パルミチン酸エチルヘキシルは毒性や皮膚刺激性、重大な皮膚感作(アレルギー)がない、安全性の高い成分です。

 

【ルプルプ白髪染めの成分】イソステアリン酸オクチルドシルは、閉塞剤や保護剤として用いられる油液

ルプルプ白髪染めトリートメントに使われているイソステアリン酸オクチルドシルは、皮膚科医院でアトピーやアレルギーを持つ患者さんに処方される手作り軟膏の基材としても使われているほど、安全性の非常に高い油液素材です。

 

イソステアリン酸オクチルドシルは大豆とパーム油を原料とした自然由来の成分で、皮膚への安全性、アトピー肌、アレルギー肌に対し、高い数値で安全性が確認されています。

 

マイナス10度でも凍結しない柔軟性や他のエステル剤に比べ酸化しにくいという特徴があり、ベビーオイルや化粧品、医薬部外品の基材として幅広く使われています。

 

ルプルプ白髪染め成分を徹底解析!効果を実感できます。

 

【ルプルプ白髪染めの成分】髪にハリ・コシを与える成分

 

ルプルプ白髪染め成分を徹底解析!効果を実感できます。

 

【ルプルプ白髪染めの成分】アルギン酸Naは、バリアのような役割と乾燥を防ぐ高い保湿性

ルプルプ白髪染めトリートメントに配合されちるアルギン酸Naは多糖類の一種で、昆布やわかめなどの海藻類から抽出した水溶性食物繊維です。

 

アルギン酸Naには髪や頭皮を乾燥から保護する働きがあり、アルギン酸Naの保湿バリア効果によって髪の乾燥を防ぎ、髪がパサつかないよう保護します。

 

アルギン酸Naは食品由来の成分で、増粘剤、ゲル化剤、安定剤などの食品添加物としても使用されている、とても安全な成分です。

 

アルギン酸Naは成分そのものにも製造工程でもアレルギー特定原材料が含まれていないので、アレルギー反応の心配はありません。

 

毒性についても全く問題がないことが確認されていて、子ども用知育菓子に使われているほど安全な成分です。

 

【ルプルプ白髪染めの成分】グリシンは、代謝を向上させることで育毛効果

ルプルプ白髪染めトリートメントに配合されているグリシンはその保湿効果から、髪のアンチエイジングに使われる成分です。

 

グリシンは体内でも生成される、最も古いアミノ酸の一種で、代謝系で重要な役割を果たしており、成長ホルモンの分泌を促す作用があることから、育毛効果が期待されます。

 

グリシンはコラーゲンの元となるアミノ酸の約3分の1を占める重要な成分で、天然保湿成分の約40%はアミノ酸と言われるほど、皮膚や頭皮にとって大切な成分です。

 

グリシンによって肌の潤いとバリア機能が向上すると言われていることから、最近ではサプリなどの形で体内に摂り入れることも広く行われています。

 

グリシンには毒性は全くなく、非常に安全性の高いアミノ酸です。

 

ルプルプ白髪染め成分を徹底解析!効果を実感できます。

 

【ルプルプ白髪染めの成分】育毛成分も配合。

 

髪のボリュームアップ

 

ルプルプ白髪染め成分を徹底解析!効果を実感できます。

 

【ルプルプ白髪染めの成分】ガゴメエキスは、ハリやコシのなさに悩む髪に、生き生きとした力を与えてくれる

ルプルプ白髪染めトリートメントにはガゴメエキスが配合されています。

 

ガゴメエキスに含まれるフコイダンは美容や美肌に効果があり、髪のアンチエイジングに有効なことから、ヘアケア製品に広く利用されています。

 

また、抗菌作用、アレルギーを抑えるなどの効果があるため、頭皮のトラブルを予防し、ハリやコシのなさに悩む髪に生き生きとした力を与えてくれます。

 

フコイダンとはガゴメコンブに含まれる硫酸化多糖類というヌメリ成分の一つですが、海藻のバリア機能(自ら傷ついた部分を修復し、乾燥や細菌から身を守るはたらき)をしている成分です。

 

フコイダンには紫外線によるしみ・くすみ・黒ずみ・ソバカスの原因であるメラニンの生成を抑制する働きがあり、強い紫外線や乾燥から肌を守ってくれます。

 

食物由来のガゴメエキスは、人体に無害で、安心できる成分です。

 

【ルプルプ白髪染めの成分】ポリ-γ-グルタミン酸Naは、天然水性保湿成分

ルプルプ白髪染めトリートメントには自然派ヘアケア製品に多く使われている天然水性保湿成分のポリ-γ-グルタミン酸Naが配合されています。

 

ポリ-γ-グルタミン酸Naは天然由来のアミノ酸化合物で、特殊なアミノ酸構造のために極めて高い保湿力を持ち、頭皮の健康を守ります。

 

ポリ-γ-グルタミン酸Naは納豆のネバネバ成分としても知られているγ-グルタミン酸Naを改良して保湿力を高めたもので、その保湿力は重量比で自重の5000倍の水分を維持するとも言われ、砂漠の緑地化プロジェクトに使われるほど強力です。

 

ポリ-γ-グルタミン酸Naは、ヘアケア製品にはもちろん、食品添加物、医療用材料にも用いられるほど安定した成分で、毒性もなく、高い安全性が確認されています。

 

【ルプルプ白髪染めの成分】ヒアルロン酸Naの保水力が高い

ルプルプ白髪染めトリートメントににはヒアルロン酸Naが配合されています。

 

ヒアルロン酸Naは保水力が高い水溶性の成分でヘアケア製品のエモリエント成分として使われています。

 

ヒアルロン酸Naとセラミドなど油分との違いはそのしっとりとした質感で、なめらかな手触りを実現しています。

 

ヒアルロン酸Naは人間の皮膚に多く含まれている成分で、分子内に多数の水分子保持機能があることから自分の重さの6000倍もの水分を含むことができ、真皮中のコラーゲンとエラスチンの隙間にたくさん存在しています。

 

ヒアルロン酸は、皮ふ以外にも関節や眼、血管などにも多く含まれている、人間には欠かせない成分で、目薬(点眼薬)にも配合されるほど非常に安全性の高い成分です

 

【ルプルプ白髪染めの成分】システイン/オリゴメリックプロアントシアニジンは、頭皮環境改善やエイジングケア成分

ルプルプ白髪染めトリートメントにはシステイン/オリゴメリックプロアントシアニジンが配合されています。

 

システイン/オリゴメリックプロアントシアニジンは頭皮環境の改善やエイジングケアに効果があると言われており、ヘアケア製品に多く使われているアンチエイジング成分です。

 

システイン/オリゴメリックプロアントシアニジンはライチの果実から抽出したポリフェノールであるオリゴメリックプロアントシアニジンを低分子化し、アミノ酸の一種のシステインを導入したもので、オリゴメリックプロアントシアニジンの抗酸化作用とシステインの美白効果をあわせ持つ機能性に優れた成分です。

 

システイン/オリゴメリックプロアントシアニジンはアンチエイジング効果が高いため、基礎化粧品やヘアケア製品だけでなく、サプリメント成分としても採用されています。

 

システイン/オリゴメリックプロアントシアニジンは果実由来やアミノ酸から成る素材ですので、高い安全性のある成分です。

 

ルプルプ白髪染め成分を徹底解析!効果を実感できます。