ルプルプの解約方法と休止

ルプルプ白髪染めは無添加なので副作用なし

ルプルプ白髪染めはジアミン系染料、鉱物油、合成香料、動物性原料、パラベン、シリコン無添加の安心成分だから副作用のデメリットのない白髪染めです。

 

まれに肌の弱い人が使用した場合はかゆみが出ることもあるようですが、ルプルプ白髪染めには刺激の強い成分は含まれていないので、健康上の危険はないと考えられます。

 

ルプルプ白髪染めを使用した後は、成分が長時間頭皮に残らないように、シャンプーした後に髪の毛と頭皮をよくすすぎましょう。

 

ヘアカラートリートメントの口コミではレッドビジョン社の自然派白髪染めのマイナチュレ(my nature)も肌のトラブルが少ないと評判のようです。

 

色がブラウンかダークブラウンの2色に限られますが、30日返金保証があるのでお試しで取り寄せてみるのも良いですね。

 

ルプルプ白髪染めはほのかにアロマの臭い

ルプルプ白髪染めは臭いの強い合成染料成分は無添加、合成香料も無添加なのでツンとする臭いもなく、安心して使えます。

 

トリートメント成分としてラベンダー油、ローズマリー油、オレンジ油の3種のアロマオイルが配合されていて、ほのかに爽やかなアロマの匂いがします。

 

そのため、生理中や妊娠中など臭いに敏感で吐き気や頭痛がしてしまうような時でもルプルプ白髪染めなら気持ち悪くなることなく白髪染めすることができます。

 

生理中などは肌が敏感でかぶれたりすることもあるため、ジアミン系染料を使った白髪染めは使えないことが多いですが、ルプルプの染料は刺激の少ない天然成分を主に使用しているので安心して使えます。

 

ルプルプ白髪染めは無添加なので抜け毛にはなりません

ルプルプ白髪染めは刺激の強い合成成分が無添加なので頭皮にやさしく、抜け毛ではげる心配がありません。

 

白髪染めは薄毛の原因になると言われることがありますが、白髪染めに含まれるジアミン系などの強い化学成分が頭皮に強い刺激を与えて、頭皮が炎症を起こしたり乾燥したりして毛髪が栄養不足になるため、結果として薄毛になると考えられます。

 

ですから、薄毛が心配な場合は頭皮への刺激が少ないヘアカラートリートメントを選ぶのがおすすめです。

 

ルプルプは刺激の強い成分が無添加なことに加えて、抜け毛の原因物質の活性を阻害する効果が期待されるラベンダー油や頭皮の血行を良くするローズマリー油などの成分が含まれているので、薄毛が心配な人も安心して使えます。

 

ルプルプ白髪染めは無添加なので頭痛になりません

ルプルプ白髪染めは危険性や副作用のある原材料を使用していないので頭痛の原因になりません。

 

通常の白髪染めにはジアミン系などの刺激の強い薬剤が使われているため頭皮への影響が非常に大きいのです。

 

白髪染めの成分により頭皮がアレルギー反応を起こして炎症箇所に血流が集まることで頭痛が発生することは珍しくありません。

 

人によっては頭痛だけでなく、頭が重く感じたり体のだるさを感じる人もいます。

 

ルプルプ白髪染めはジアミン系などの刺激の強い合成染料成分を不使用とすることで頭痛に対処しています。

 

また、ルプルプ白髪染めには自然な香りのアロマオイルが配合されているので、白髪染めの強い刺激性の臭いで頭痛や吐き気を感じる人も安心して使用できます。

 

ルプルプ白髪染めは無添加なので地肌に優しい

ルプルプ白髪染めは刺激の強い成分が無添加なのでかぶれの心配は大丈夫なかぶれない白髪染めです。

 

白髪染めのデメリットとして、頭皮につくと頭皮が染まる、地肌が染まるといったものがあります。

 

また、白髪染めが肌に合わないので、白髪染めの後頭皮がかぶれたということもあります。

 

ルプルプ白髪染めに使われている塩基性染料は髪の表面のマイナスイオンと結合して染毛する仕組みなので、頭皮に付着してもルプルプをシャンプー後すぐに洗い流せば地肌が染まらない白髪染めとなっています。

 

ただ、まれに既に肌荒れをした頭皮にルプルプ白髪染めを使うと肌に合わなくてかぶれや皮膚のかゆみが発生する場合があります。

 

その場合はすみやかにルプルプ白髪染めをよく洗い流して、使用は中止した方がよいでしょう。

 

ルプルプ白髪染めは無添加なのでアレルギー症状になりにくい

ルプルプ白髪染めはジアミン系の染料を使わない、アレルギー症状になりにくい無添加処方です。

 

ジアミン系の染料は強アルカリ性で頭皮への刺激が非常に強く、頭皮がアレルギー反応を起こしてしまい、そのため、ジアミン系の毛染めでかぶれたり、かゆみが出たりするなど頭皮に合わないことがよくあります。

 

ルプルプ白髪染めは刺激の少ない天然染料を主に使用していて、使用している染料はパッチテスト済みなので敏感肌の人もかぶれる心配なく、安心して使えます。

 

ただ、ルプルプ白髪染めの成分が長く頭皮に残っているとまれにかゆみが出ることもあるので、白髪染めをしたらシャンプー後は、頭皮に成分が残らないようしっかりとすすぎましょう。

 

ルプルプ白髪染めは甲状腺になりません

ルプルプ白髪染めにはガゴメ昆布エキスが含まれていますが、甲状腺疾患の原因になることはないので安心して使用できます。

 

甲状腺疾患を持っている人は、昆布に含まれているヨウ素(ヨード)の副作用によって甲状腺疾患が悪化する場合があり、昆布の摂取を制限されていることがありますが、ルプルプ白髪染めのガゴメ昆布エキスにはヨウ素(ヨード)は含まれていないので、甲状腺疾患のある人でも大丈夫です。

 

ただし、甲状腺の病気再発のサインとして白髪は警告となる場合があるので注意が必要です。

 

白髪が急に増える原因として考えられるのが甲状腺機能低下症で、甲状腺ホルモンの分泌が少なくなりメラノサイトが正常に働かなくなって白髪が急に増える病気です。

 

ルプルプ白髪染めは無添加なのでアトピーでも安心

ルプルプ白髪染めはアトピー用の白髪染めではありませんが、アレルギー反応を引き起こすジアミン系染料を不使用で、刺激の少ない成分を使用、保湿成分もたっぷりと配合されていてパッチテスト済みなので、白髪染めが見つからないという肌が弱すぎる敏感肌の方、アトピー性皮膚炎などで市販の白髪染めでは頭皮にかゆみが出てしまうという方でも安心して使えます。

 

白髪染めの染料にアレルギー反応が出てしまうのでヘアマニキュアを使っている方の中には、ヘアマニキュアの色持ちの悪さが不満の方も多いですが、ルプルプ白髪染めは肌への刺激が少ない配合でありながら、白髪をしっかりと染め上げるので色持ちが良く、長く白髪染め効果を保つことができます。

 

ルプルプ白髪染めの安全性と副作用

 

ルプルプ白髪染めのダメージはなし

 

ルプルプの解約方法と休止

 

ルプルプ白髪染めは毛髪を痛める成分が含まれていない、ダメージ0の白髪染めです。

 

髪の毛は通常、弱酸性のpHに保たれていますが、ジアミン系などの強アルカリ性の白髪染めはこのpHバランスを崩してしまい髪が傷みやすいという注意点があります。

 

毛髪診断士による診断でも、ルプルプは髪の毛にやさしい弱アルカリ性なので髪を痛める心配がないとのこと。

 

ルプルプ白髪染めは2017年12月のリニューアルで髪の毛を保護する美容オイルが新たに5種類配合され、よりダメージ0に近づきました。

 

ルプルプ通販サイトにはカラーシャンプーも用意されているので、白髪染めと合わせて使うともっと髪の毛をダメージから保護しながら、色持ちを長くすることができますよ。

 

ルプルプ白髪染めは授乳中でも安心

ルプルプ白髪染めは赤ちゃんに影響を及ぼす成分が不使用なので、授乳中でも安心して使えます。

 

市販や美容院での白髪染めに広く使われているジアミン系染料は、皮膚への刺激が非常に強くアレルギー反応を引き起こす可能性があるので、赤ちゃんへの影響が心配だったりホルモンバランスが変化して肌が敏感になったりする授乳中に使うのは避けたい成分です。

 

ルプルプ白髪染めはジアミン系染料ではなく、刺激の少ない植物性染料を主に使用している白髪染めなので授乳中も安心です。

 

また、色持ちが良いルプルプ白髪染めは他の白髪染めトリートメントと比べて使用頻度を少なくできるので、赤ちゃんの世話で忙しい授乳中の白髪染めの負担を減らせますね。

 

ルプルプ白髪染めは生理中でも安心

ルプルプ白髪染めは刺激の少ない処方の白髪染めなので、身体が敏感になる生理中でも安心して使えます。

 

多くの市販の白髪染めには「生理中の使用はお控えください」と書いてあることがありますが、それはジアミン系染料などの刺激の強い、体によくない薬剤を使っているからです。

 

生理中はホルモンバランスが乱れるため頭皮が敏感になっていたり、強い臭いで吐き気を感じたりするため、刺激の強い薬剤を使っている白髪染めは使用を避けたいもの。

 

でもルプルプは刺激の少ない植物性染料を主に使っている安心処方で、気になる臭いも5種類のアロマアイル配合でほのかなアロマの香り。

 

生理中でも臭いやかぶれを気にせず安心して使える白髪染めカラートリートメントです。

 

ルプルプ白髪染めは妊娠中でも安心

ルプルプ白髪染めは妊娠中でも大丈夫?ルプルプ白髪染めはお腹の赤ちゃんに影響のある成分を無添加の白髪染めなので、妊婦さんでも安心して白髪染めができます。

 

妊娠中の白髪染めの使用は女性の注意点の一つです。

 

市販の白髪染めに一般的に使われているジアミン系染料の注意点は、強いアレルギー性物質なので胎児への悪影響が心配なこと。

 

また、妊娠中は肌が敏感になったり臭いに敏感になったりするので、臭いがきつく肌への刺激が強いジアミン系染料を使った白髪染めはできるだけ避けたいものです。

 

ルプルプ白髪染めは、刺激の少ない植物性染料を主に使用していて、アロマオイル配合でほのかなアロマの香りがする穏やかな白髪染め。

 

妊娠中でも安心して使えます。

 

ルプルプ白髪染めはpH8だから安心

ルプルプ白髪染めはpH値8.0の弱アルカリ性だから肌へのダメージが少なく安心して使えます。

 

健康な肌のpH値は4.5~6.0の弱酸性で、白髪染めのpH値が弱酸性に近いほど肌へのダメージを少なくすることができます。

 

ヘアマニキュアはpH値が3前後と酸性で、頭皮へのダメージがほとんどありませんが、色落ちが早いのがデメリットです。

 

市販のヘアカラーや美容院での白髪染めは、pH値が8.5以上の強アルカリ性なので肌に与えるダメージが大きく取り扱いが難しいのが難点です。

 

ルプルプ白髪染めは肌へのダメージを少なくするためpH値を弱アルカリ性に保ちつつ、分子量の小さいHC染料を配合することで、色持ちの良さを実現しています。

 

ルプルプ白髪染めの安全性と副作用

 

ルプルプ白髪染めの汚れについて

 

ルプルプの解約方法と休止

 

白髪染めと言えば浴室で使った場合の風呂床や浴槽の汚れが気になってしまうもの。

 

ルプルプ白髪染めは汚れが残りにくい染料が配合されているので、素手で使っても手に汚れが残りにくく、お風呂場が汚れないというメリットもあります。

 

ルプルプ白髪染めは色落ちしにくい染料を使っているので、白髪染めをした後にお風呂やプールに入っても汚れがつくことはないので安心して使えます。

 

ここからはルプルプ白髪染めが手や服についた場合の対処法についても紹介していきますね。

 

ルプルプ白髪染めが手についた時について

ルプルプ白髪染めの染料が手について、手が汚れて落ちない時があるとの口コミがありますが、ルプルプの色素には皮膚を染める力はほとんどないため、白髪染めの後に石鹸で良く洗えば、手に色が付いてもきちんと落ちるので大丈夫です。

 

ただ、使用頻度や放置時間によっては素手でルプルプ白髪染めを使った場合に爪などに染料が残ってしまうことがあります。

 

どうしても汚れが気になる人は、使い捨て手袋を使うといいでしょう。

 

もし万が一、皮膚に色素がついても体への影響はないので心配はいりません。

 

ルプルプ白髪染めが服についた時について

ルプルプ白髪染めが服に付いたら、シミを落とす方法は、一般的な服についたカラー剤の落とし方と同じです。

 

付着した白髪染めをすぐに水洗いし、ハイターなどの漂白剤でつけ置きをしましょう。

 

その後、高温で洗濯すればほとんどの場合はきれいに色が落ちます。

 

この汚れの落とし方をしても染料が服に付いてしまって落ちない場合は、服をクリーニングの染み抜きに出すときれいに汚れが落ちます。

 

白髪染めの染料が服に着いて染みにならないように、白髪染めをする時にはケープをかぶって使うのがおすすめです。

 

ルプルプ白髪染めがタオルに色がついた時について

ルプルプ白髪染めはドライヤーにも強く色持ちがよい白髪染めですが、シャンプーした後の色落ちがタオルに付いてしまってタオルに色が残るという口コミがあります。

 

タオルに色が移るのを防ぐためにも、ルプルプで白髪染めをして、シャンプーをした後はしっかりすすぐことを心がけましょう。

 

お湯でぬめりが出なくなるまですすぎをしっかりするのがポイントです。

 

また、夏場など大量の汗をかく時に、汗によって頭皮に近い部分の染料が流れ出てしまい、根本だけ色落ちしてしまうという場合があります。

 

これも白髪染めの後のすすぎをしっかりとしておけば、髪の毛にしっかり定着していない染料をあらかじめ洗い流せるので、汗による色落ちを防ぐことができます。

 

ルプルプ白髪染めの安全性と副作用

 

ルプルプ白髪染めは安全性が高い成分

 

ルプルプの解約方法と休止

 

ルプルプ白髪染めは酸化染料や化学成分がなく、アレルギー成分も入っていないダメージレスな白髪染めです。

 

ルプルプ白髪染めは皮膚への刺激が少ないノンシリコン・ノンジアミンの安全処方だからアトピー性皮膚炎や敏感肌の人も安心して使えます。

 

特にリニューアル後のルプルプ白髪染めは髪の毛を保護するトリートメント成分が増量されて、より髪の毛や肌にやさしい処方になったので、さらに安心して使うことができます。

 

ルプルプ白髪染めは敏感肌にも安全性が高い

ルプルプ白髪染めは刺激の強くアレルギーを引き起こす原因となるジアミン系染料成分を不使用なので、敏感肌にも安全性が高い白髪染めです。

 

ルプルプ白髪染めはアレルギーテスト・パッチテスト済みなので、安心して使用できます。

 

ただし、すべての人に皮膚刺激が起きないわけでないので、アレルギー体質の人や肌が敏感な人は使用前にパッチテストの実施がすすめられています。

 

パッチテストは、ルプルプ白髪染めを腕の内側に10円玉ほどの大きさに薄く塗って、自然に乾燥させた後、30分後と48時間後の2回、白髪染めを塗った箇所を観察して行います。

 

もしその箇所に発疹、発赤、かゆみ、水疱、刺激などのアレルギー反応があった場合は、白髪染めをすることはできません。

 

ルプルプ白髪染めはノンシリコンで安全性が高い

ルプルプ白髪染めのおすすめポイントはシリコンを使用していないノンシリコン処方なこと。

 

シリコンは髪の滑りをよくして指通りを良くするなどの目的で市販のシャンプーやコンディショナーにも多く含まれていて、ケイ素などを原料として化学合成された化学物質です。

 

シリコンについては皮膚や頭髪に悪影響があると言われている他に、白髪染めなどカラーリング剤が入りにくくなる、また生物によって分解されないため安全性に問題がある点も指摘されています。

 

ルプルプ白髪染めはシリコンを配合していない安全性が高い白髪染めです。

 

ルプルプ白髪染めはノンジアミンで安全性が高い

ルプルプ白髪染めはジアミン系染料が無添加のノンジアミン白髪染めです。

 

市販の白髪染めや美容院で使われる白髪染めには染料が髪に入り込みやすいよう、髪のキューティクルをこじ開ける目的でジアミン(パラフェニレンジアミン)系の染料が使われています。

 

ジアミン系染料は毒性の強い薬剤で、髪のキューティクルがパサパサになるばかりか、人によっては強いアレルギー反応を引き起こし、赤みやかゆみなどの症状が出ることさえあります。

 

ルプルプはジアミン系の染料を使用していないので安全性が高く、アレルギーや敏感肌の方でも安心して使うことができます。

 

ルプルプ白髪染めの安全な期限は未開封なら3年

ルプルプ白髪染めの使用期限は製造後、未開封の状態で3年間は安心して使うことができます。

 

3年以上経っても身体への害はありませんが、思ったような発色が出ない場合があるので使用は控えるか、目立たない場所で一度試してから使うといいでしょう。

 

ルプルプ白髪染めのパッケージを開封後は、保存状態にもよりますが半年を目安になるべく早く使い切ることが公式サイトで推奨されています。

 

ルプルプ白髪染めの毒性や危険性はない

ルプルプ白髪染めには発がん性物質などの危険成分、ジアミン系染料などの毒性の強い成分、アレルギーを引き起こす原因となる成分は含まれていないので安心して使うことができます。

 

ルプルプ白髪染めの全成分を解析すると、ベース剤として使われているアルコール系成分を含め、全体的に低刺激性を目指して成分が処方されていることが分かります。

 

ルプルプ白髪染めはアトピー性皮膚炎や敏感肌の方も安心して使うことのできる安心処方の白髪染めです。

 

ルプルプ白髪染めの安全性と副作用

 

ルプルプ白髪染めの色落ちや色移りはほぼない

 

ルプルプの解約方法と休止

 

ルプルプ白髪染めは髪の毛への定着がよい染料を配合している、汗に強い白髪染めです。

 

ルプルプ白髪染めの染料が髪のキューティクルにしっかり吸着するので、カラーの持ちがよく、汗による色落ちや色移りもほとんどありません。

 

汗を大量にかく夏場などでは、まれに頭皮に近い根本部分のキューティクルが汗で開いてしまいそこから色落ちしてしまうことがありますが、シャンプー後にしっかりすすぎをして、定着が弱い染料を洗い流しておけば、汗による色落ちもほぼ防ぐことができます。

 

ルプルプの成分にはブリーチ剤が含まれていないので、黒髪の色が落ちることはありません。

 

また、色ムラの原因となるため、ルプルプ白髪染めの色を混ぜて使うことは推奨されていません。

 

ルプルプ白髪染めで髪が緑になる場合

美容室でのパーマや白髪染めとカラートリートメントを併用すると青や緑に変色したという口コミがあります。

 

美容院を併用すると髪が緑や青色になる原因の一つとして考えられるのが、美容院のパーマ液や白髪染めとカラートリートメントの染料が化学反応を起こして緑色になってしまった可能性です。

 

特にストレートパーマなど、強い薬剤を使った場合は変色の可能性も高くなります。

 

青や緑にならない対策として、パーマやヘアカラーの後にカラートリートメントをするか、美容師にルプルプ白髪染めヘアカラートリートメントを使っていることを伝えるようにしましょう。

 

また、ルプルプ白髪染めの色を混ぜると、染めムラによって髪の毛が青くなる場合があるので、複数の色を混ぜて使わないようにしましょう。

 

ルプルプ白髪染めで赤くなる場合

ルプルプ白髪染めで赤くなるのが嫌な場合、色見本よりも一段暗い色を選ぶようにしましょう。

 

ルプルプ白髪染めのブラウンの口コミでは「思っていたよりも明るい茶髪に染まった」という声があります。

 

染まる明るさを調整したい場合は、色を混ぜるより、2色のルプルプ白髪染めを交互に使うといいでしょう。

 

ルプルプ白髪染めはヘアカラートリートメントなので時間はかかりますが、黒髪も徐々に染まります。

 

ルプルプ白髪染めの安全性と副作用